1. ホーム
  2. はじめてのWiMAX
  3. ≫クレカ・口座振替 | プロバイダ別WiMAXの支払い方法

クレカ・口座振替 | プロバイダ別WiMAXの支払い方法

「クレジットカードではなく口座振替で支払いたい!」

「口座振替」の支払いができるプロバイダーはそんなに多くありません。

口座振替が可能なプロバイダはどこなのか?!さっそくみていきましょう!

「so-net」

webからの契約申込みは「カード払いのみ」
「口座振替」の場合は、毎月支払手数料200円(税抜)、明細書が必要な場合は月300円(税抜)がかかる。

「BIGLOBE」「nifty」

webから契約申込みで「口座振替」を選択できる。

「口座振替」の場合は毎月支払手数料200円(税抜)がかかる。

 

「BroadWiMAX」

webから契約申込みで「口座振替」を選択できる。

ただし、「ギガ放題プラン」「ライトプラン」ともに「月額最安コース」のみ「口座振替」選択が可能で「ベーシックコース」は「カード払い」のみ

「口座振替」の場合は毎月支払手数料200円(税抜)がかかる。

「初期費用無料キャンペーン」は、「カード払い」の選択が条件で「口座振替」は適用外になるので要注意。

 

「UQ WiMAX」

webからの契約申し込みで「口座振替」を選択できる。

明細書発行を希望する場合は、毎月支払手数料100円(税抜)がかかる。

以上が「口座振替」に対応しているプロバイダーなので、「口座振替」を考えている場合は、上記の中から申し込みをしましょう。

 

ただし、契約時に「口座振替」を選択すると手続きに時間がかかり、機器の到着が「カード払い」と比較すると遅くなることが多いので余裕を持って契約申し込みがおすすめです。

契約後に「クレジットカード払い」に変更したい場合は各プロバイダーで手続きをすれば支払方法を変更できます。

「クレジットカード払いは全てのプロバイダーが対応。申込み時にメリットもあり」

ほとんどのプロバイダーが「クレジットカード」の支払いに対応しています。

「カード払い」を選ぶと機器の到着が申込みから最短になったり、「キャンペーン特典の条件」が「カード払い選択」のこともあり、メリットが多いです。

 

「BroadWiMAX」「nifty」「BroadWiMAX」「UQ WiMAX」「GMO とくとくBB」「BIGLOBE」など人気のプロバイダーも全てJCB、VISA、master、AMEX、ダイナースの利用が可能です。

「BroadWiMAX」はデビットカード、プリペイドカード、auウォレットは不可。

「nifty」はデビットカード、海外発行のカードについては一部登録できない可能性あり。

「GMO とくとくBB」はデビットカード、プリペイドカード、海外発行のカードは不可。

 

「BIGLOBE」は上記以外にもDC、UC、UFJ(MUFG)、オリエント、セゾン、セディナ(OMC)、楽天KC、セディナ(CF)、ティーエスキュービック、AEON(イオン)、UCS、ライフ、JACCS(ジャックス)、NTTグループカード、エポスカードも可能。

支払方法の希望が「口座振替」の場合は、対応しているプロバイダーを事前にチェックしておきましょう!

kijisita1   %e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b2