1. ホーム
  2. WiMAXルーター
  3. ≫WiMAXとポケットWi-Fi!タイプ別おすすめをご紹介!

WiMAXとポケットWi-Fi!タイプ別おすすめをご紹介!

「ポケットWi-Fiって?Yモバイルの商品でしょ!?」

ポケットWi-Fiをネットで検索すると「持ち運べるモバイルWi-Fiの総称」として「ポケットWi-Fi」と呼んでいる情報が多く「WiMAXもポケットWi-Fiのひとつ」として扱われているケースが多くあります。

正しくは「WiMAXとはUQ WiMAXが提供しているWi-Fi」「ポケットWi-FiはYモバイル(旧イーモバイル)が提供しているWi-Fi」なのです。

「WiMAXとポケットWi-Fiと何が違うの?どっちがいいの?」
と気になりますよね。

結論からいうと

「あまりデータ量を使わないタイプ」→「ポケットWi-Fiでもいいかも…WiMAXのほうがおすすめだけれど」「データ量を気にせずに使いたいタイプ」→「WiMAXがおすすめ!」

どうしてなのか理由はここから詳しく解説していきます。

まずはポケットWi-FiとWiMAXの違いについてご紹介しましょう。

 

知って納得!大きな違いは通信方法!

YモバイルのポケットWi-Fiは「LTE」UQ WiMAXのWiMAXは「WiMAX2+」という通信方法が違うので使えるエリアがそれぞれ違います。

「LTEのほうが対応エリアが広い」と言われてきましたが、最近は「WiMAX2+の対応エリアも拡大してきて都市部などではあまり差がなくなってきている」
ことと「WiMAXのルーターの機種によってはau 4G LTEに対応している」のでWiMAXでも「LTE通信」を利用するのも可能なので「使えるエリアはWiMAXもポケットWi-Fiもほぼ同じ」と言えます。

使えるエリアは同じでも速度制限は大違い!

WiMAXもポケットWi-Fiも「月間7GBを超えると制限あり」というのが共通です。

WiMAXは「ギガ放題プラン(標準プランより高いプラン)に加入すれば制限はなくなる」

ポケットWi-Fiは「アドバンスモードというオプション(月額追加料金あり)での利用で制限がなくなる」のですが、問題はポケットWi-Fiの「アドバンスモード」です。
「アドバンスモード」というのは通信方法が「AXGPのみ」なので標準モードで使えていた「LTE」ではなくなります。

「AXGP」のエリアは「LTE」よりもかなり狭いエリアになるため「データ量の制限がなく使い放題だと思っていたのに実際には使えない」という事態になりかねません。

データ量を気にせず使いたい人はWiMAXがおすすめです。

お得に利用するにはどちらも長期契約!

WiMAXもポケットWi-Fiも月額料金を安くお得に利用するには「長期契約が必須」となります。

そのため途中で解約すると契約解除料が発生するのですが「WiMAXは契約解除料が発生するのは2年」に対して「ポケットWi-Fiは契約解除料が発生するのは3年」になっていて「WiMAXは2年縛りなのにポケットWi-Fiは3年縛りでかなり長い!」
のでポケットWi-Fiの契約の際には注意しましょう。

通信業界の進歩はめざましいものがあるので、長期間になればなるほどデメリットになる可能性大です。

よほど理由がないならWiMAXのほうがおすすめです。

ポケットWi-Fiのほうが安いと言われているけれどおすすめは?

一般的にポケットWi-Fiのほうが安くていいと言われていますが「ポケットWi-Fiの格安は通信量制限があるタイプ」なので、「データ量無制限で比較するとWiMAXもポケットWi-Fiもあまり変わらず」なのです。

「WiMAXのキャンペーンなどを利用するとむしろWiMAXのほうが安く無制限に使える」
という結果になるので勘違いして損をしないように気をつけましょう!
「ただし、WiMAXは建物内などで電波が弱まることがある」

ポケットWi-Fiの強みは建物内でもつながりやすいことにあります。

WiMAXはエリア内でも建物内だと電波が弱まりつながりにくいことがあります。

「WiMAXにしたいけどつながるか心配」という人は、「UQ WiMAXのTryWiMAXで15日間無料お試しで実際に利用してみる」のをおすすめします。
「最終結論は!WiMAXを強くおすすめ!どうしても理由がある場合はポケットWi-Fiに!」

WiMAXがどうしてもつながらない場合、データの使用量が少ない場合はポケットWi-Fi!

WiMAXのエリア内でつながる場合は「WiMAXギガ放題プラン」のWiMAX!

broadwimax
gmobb