1. ホーム
  2. はじめてのWiMAX
  3. ≫WiMAXのエリアをチェック!結果別の対処法をご紹介!

WiMAXのエリアをチェック!結果別の対処法をご紹介!

まずはUQ WiMAXのサイトでWiMAXのエリアを確認!

自分の住んでいる場所、あるいは外出先で使おうと思っている場所でWiMAXが使えるかどうか。

UQ WiMAXのサイト内の「WiMAXのピンポイントエリア判定」で住所検索すると「○△×」で判定が出てきます。

まずは上記のピンポイントエリア判定でエリア内にあるのかチェックしてみましょう。

ピンポイントエリア判定はこれからWiMAXの新たな契約を考えているのでしたら「WiMAXではなくWiMAX2+」のエリアをチェックすればいいです。

「WiMAX」はすぐには無くならないものの現在は縮小傾向にあり、ルーターの新機種は「WiMAX2+」「au 4G LTE」対応で「WiMAX」は非対応です。
これから契約を考えているなら「WiMAX2+」での契約のほうが長い目で見るとメリットがあります。

「判定で○が出た人!」

おめでとうございます。
WiMAXのエリア内なので安心して使える可能性が高いです。

ただし、エリア内でも建物内や地下など、電波が届きにくい場合もあるので油断は禁物です。

ぜひUQ WiMAXの「TryWiMAX」で無料お試しをして本当に使えるかどうか確認することをおすすめします。

「判定で△が出た人!」

ガッカリするのはまだ早い!

WiMAXのエリアで利用できる可能性はあるのでUQ WiMAXの「TryWiMAX」で無料お試しで確認しましょう。

「TryWiMAX」で実際に使ってみて電波状況が難しいなと感じたら、残念ですがWiMAXではなく他の方法を検討しましょう。

「判定で×、圏外が出た人!ピンポイントエリア判定で番地がなく判定が出なかった人!」

残念です。でも、ちょっと待って!

再度、UQ WiMAXのピンポイントエリア判定ではなく「サービスエリアマップ」で「WiMAX2+」のエリアを地図で確認してみましょう。

実際にあった体験談ですが「引っ越し先の住所で番地が検索できず、ピンポイントエリア判定で判定できなかった。

エリアの○と圏外の境目にあたり、引っ越し先住所と字名が同じ地区は圏外、字名が違うすぐ隣の地区は○だった。

使えない可能性が高いと思いつつもWiMAXを使ってみたら問題なく使えた。自宅から50mほど移動すると圏外になる」というケースもあります。

ですから「サービスエリアマップ」でチェックしてみてすぐそばのエリアが「○」判定なら使える可能性もあるので諦めずに「TryWiMAXを利用して確認!」することをおすすめします。

「サービスエリアマップ」では「au 4G LTE」のエリアもチェックできるのでマップで確認してみましょう。

「WiMAX2+」が使えなくても「au 4G LTE」のエリアになっているかもしれません。

 

「au 4G LTE」は、対応しているルーター(W03、W02、W01など)を使用すれば利用が可能です。

また使用した月は「1005円」追加になること、月間7GBを超えるとギガ放題プランの契約でも速度制限が月末までかかるので注意が必要です。

「TryWiMAX」では新しい機種のレンタルが始まっていない場合があるので、その場合は
「機能がよく似ている旧機種」を指定するのがおすすめです。

まとめ
ゆっこ

○△×のどの判定でも「TryWiMAX」で無料お試しでチェックが確実!