1. ホーム
  2. はじめてのWiMAX
  3. ≫WiMAXのレンタル!契約前にチェックしたい6つのポイント

WiMAXのレンタル!契約前にチェックしたい6つのポイント

「ご存じですか?WiMAXは15日間無料でお試しができます!」

WiMAXのお得なキャンペーンで契約すると多くのプロバイダーで「契約後2年以内の解約には契約解除料が発生します」という規約があり、その料金はかなり高額になっています。

「実際に使ってみないと使い心地がわからないし、もしも契約後に使えなかったらどうしよう」と不安になり、契約を悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

WiMAXでは契約前に不安を解消できる

「Try WiMAX」という15日間無料でお試しが可能なWiMAXのレンタルがあります。

WiMAXのレンタルを利用して契約前に6つのポイントをチェックしてみましょう。

1.WiMAXを使う予定の場所が「WiMAX2+」のエリア内かチェック

まず、レンタルを申込みする前にWiMAXを使う予定の場所がエリア内なのかを調べてみましょう。

「UQ WiMAX」のサイトからWiMAXのエリア検索ができます。

エリア検索では、「WiMAX」と「WiMAX2+」のそれぞれのエリアがチェックできるようになっていますが、最新の機種では「WiMAXには対応せず、WiMAX2+とau 4G LTEのみ対応」になっており、WiMAXの利用は減少傾向にあるため、「WiMAX2+」のエリア内かどうかチェックすればOK。
(UQ WiMAXの経営方針で現在「WiMAX」は縮小、「WiMAX2+」を拡大させています)

WiMAXを使う予定の場所が「WiMAX2+」のエリア内であれば「Try WiMAX」の申し込みをして実際に使ってみましょう。

2.実際にWiMAXがつながるかすぐにお試しチェック

「Try WiMAX」のレンタル機器が届いたら、すぐに使ってみましょう。

お試しの15日間とは、発送日から返却到着日が含まっているので、実際に利用できるのは10日間前後です。

少しでも長く利用して使い心地をしっかりと体感するためにも、機器が到着したらすぐにお試しを!

3.連続3日間で3GBを超えないか、データ使用量をチェック

ルーターのモニター画面でデータ使用量を確認できるようになっています。
(ホームルーターURoad-Home2+では表示されません)

Try WiMAXのレンタル中、および契約後は「連続する3日間で3GBを超えると速度制限がかかる(約1日間で解除)」ので、実際に利用した時にどれくらいのデータ量を使用しているのかルーターのモニターでチェックしてみましょう。

もしもデータ量が3GBをすぐに超えるようでしたらWiMAX以外のネット接続を検討したほうがいいかもしれません。

4.WiMAXを利用して体感チェック

実際にPCやスマホ、タブレットなどを普段と同様に使ってみて、通信速度によってストレスがないか体感をチェックしてみましょう。

スマホのアプリや通信速度を計測するサイトで数値を確認もできますが、何より大切なのは使った時の感覚です。

スムーズでストレスがないかあるいは重さを感じるなど、使い心地をしっかりと体感してみてください。

5.外出先で使う予定なら実際に使用してチェック

契約後に自宅以外で利用する予定があるなら可能であればお試し期間中にその場所でも利用して確認してみましょう。

WiMAX2+のエリア内だったとしても地下や屋内だと電波が届きにくくつながらない場合もあります。

外出先で使う予定がある場合はその場所でも実際に使ってみることをおすすめします。

自宅内でもつながりにくいと感じる場合はルーターを窓際に置いたり、違う部屋で利用することで電波の状況が変化することがあるのでルーターの置く場所を変えてお試しください。

6.WiMAXが使えることが判明してもすぐに申し込みをしない!

無料お試しで使ってみて「なかなかいい!これなら大丈夫そう」と不安が解消できれば、迷いがなくなり契約を検討される方も多いのではないでしょうか。

レンタル機器と一緒に「Try WiMAX利用者限定キャンペーン」のチラシが同封されてくるので「早速申込みを済ませよう」と思うかもしれませんが申込みをすると損する可能性が!

慌てて申込みをせずに、まずは期限内に機器の返却だけを済ませましょう。

「UQ WiMAX」以外のプロバイダーでも、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施しています。

それぞれのプロバイダーをじっくり比較して、一番お得なプロバイダーでWiMAXの申し込みをするのがおすすめです。