1. ホーム
  2. はじめてのWiMAX
  3. ≫WiMAXの速度制限を気にしなくてもよい3つの理由!

WiMAXの速度制限を気にしなくてもよい3つの理由!

「WiMAX2+で速度制限ってどうなるの?」

WiMAX2+の速度制限はどのような時にかかるのでしょうか。

「ツープラスプランのWiMAX2+、またはギガ放題プランのau 4G LTEが月間で7GB以上になった時」

「3日間で3GB以上になった時」

です。

この速度制限さえ回避できれば安心してWiMAXを利用できますよね。

速度制限を回避できるように具体的な対策について考えてみましょう。

対策その1 「ギガ放題プランを選択する」

月額料金が割安になる「ツープラスプラン」だと月間7GBを超えると速度制限がかかります。

しかも速度制限は一度かかるとその月の月末日までスピードがかなり落ち解除できないので回避が必須です。

 

「ギガ放題プラン」を選択しておけば月間のWiMAX2+の通信量の上限はないため、この速度制限を回避できます。

「ギガ放題プラン」でも「au 4G LTE」の通信量が月間7GBを超えると速度制限がかかりますが、「au 4G LTEに対応していない機種もありその場合は心配がない」あるいは、
「au 4G LTE(ハイスピードエリアモード)を利用した月は追加料金で1005円/月かかる」
ので、多くの人は積極的に利用したいと予定していることはおそらく少ないのでは?と思います。

 

「ハイスピードエリアモード」に対応している機種は、設定をしておけば「ハイスピードエリアモード」への切り替えが「自動ではなく手動のみで切り替え」にできますので知らないうちに「ハイスピードエリアモード」になっていたということも確実に避けられます。

「ハイスピードエリアモード」になっていなければ「au 4G LTE」の通信量での速度制限について心配はいりません。

 

ゆっこ

結論 「ギガ放題プラン」にしておけば「月間7GB」の通信制限については完全回避できる!

対策その2 「3GBって結構なデータ量です」

「ギガ放題プラン」に申し込んでも「3日間で3GB」を超えると速度制限がかかります。

「3GB」ってどれくらいのデータ量なのでしょうか?

(UQ WiMAX公式サイトより引用「3GB」の参考値)
スマホ利用の場合
テキストメール(300字) 約200,000通
テキストメール(300字)+写真1枚 約3,000通
YouTube(標準画質、5分間) 約150回(12.5時間)

パソコン利用の場合
テキストメール(500字) 約100,000通
テキストメール(500字)+写真1枚 約600通
YouTube(標準画質、5分間) 約60回(5時間)

となっています。

オンラインゲームを毎日長時間利用する、あるいは動画を高画質で長時間見るという人にとってはデータ量が不足することもあるかもしれません。

でもごく普通のネット利用であれば、「3GB」というのはかなり多いデータ量に感じると思います。

それでも心配があるなら、動画の視聴の際に画質を落として視聴するなどちょっとしたことに気をつければ「3日間3GB」を超えることはあまりないと思います。

またルーターのモニター表示で実際に利用した通信量を確認できるのでこまめにチェックすれば「3GB」を超えないように気をつけることもできます。

ゆっこ

結論 「3日間で3GB」を超えずに済む可能性が高いので速度制限を回避できる!

対応策その3 「もしも速度制限がかかっても約1日で解除になるからちょっと我慢!」

「3日間3GB」を超えた場合の速度制限は「超えた日の翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで」
の約1日間のみで解除されます。

月末までずっと制限されるわけではないので、1日間だけちょっと不便になるかもしれませんが少し我慢すれば元に戻ります。

不便とは言うものの速度制限されても「YouTubeの標準画質の視聴ができる程度の速さ」
とUQ WiMAXの公式サイトでも記載があり、全く使えなくなるわけではありません。

また口コミでも「速度制限がかかってもあまり問題なく使えている」という声も多数あり「3日間3GB超えの速度制限」はあまり気にしなくてOKです。

ゆみ

結論 速度制限されても全く使えない状態ではないので気にしない!

「ギガ放題プランで申込みしておけば速度制限は気にせずOK!」

kijisita1   %e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b2