1. ホーム
  2. WiMAXルーター
  3. ≫WiMAXのWX02をおすすめしない3つの理由教えます

WiMAXのWX02をおすすめしない3つの理由教えます

「W03が新機種だからという理由だけではありません!」

「W03」と「WX02」とどちらにしたらいいのか、すごくお悩みの方も多いのでは?

「新機種だからW03のほうがいいに決まっている!」という安易な理由ではなく、具体的に「WX02」がおすすめできない理由を説明していきましょう。

その1「W03が新機種で発売された」

「やっぱり新機種のほうがいい!っていう理由だろう!」とお怒りはごもっともですが、新機種「W03」が出たことで「バッテリーの持ち時間がNo2になってしまった」というのが大きい理由です。

モバイルルーターのメリットは「手軽に持ち歩いて外出先でも利用できる」ことですから、バッテリーの持ち時間が長いというのは重要な要素です。

その2「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に非対応」

出張や旅行などでお出かけが多く、持ち歩いてWiMAXを活用したいと思っている人。

お出かけ先が「WiMAX2+」のエリアではなくても「au 4G LTE」のエリアなら「ハイスピードプラスエリアモード」で接続できる可能性があります。

(ハイスピードプラスエリアモードを利用した月はオプション利用料金1005円/月がかかります)

「WiMAX2+」のみではなく「au 4G LTE」のエリアも含めれば広い範囲での利用が可能になります。

「WX02」では「au 4G LTE」に非対応なのであくまでも「WiMAX」のエリア内のみの利用です。

その3「WX02のメリットが活用できない!」

「WX02」はダメばかりではなく良い機能もあるんですけれども。

「W03」と「WX02」を比較した時に「WX02」のメリットは「ノーリミットモード(WiMAX)」に対応していることです。

「速度制限がかかる」のは「ハイスピードモード(WiMAX2+)」なので、もしも制限がかかったら「ノーリミットモード(WiMAX)を使う」ことで制限のわずらわしさから解放されるからです。

ですが!「WX02」は「ハイスピードモード(WiMAX2+)とノーリミットモード(WiMAX)の手動切り替えができず自動切り替えのみ」なので、速度制限がかかって「ノーリミットモード」が使いたくても意図的に利用することができないのです。

「WiMAX」のエリアが縮小されつつある現在、手動で切り替えができないならあまり意味がありません。

せっかくのメリットが活用できずにとても残念です。

ゆっこ

「WX02」が「W03」よりおすすめなポイントは見つからないので「W03」にしましょう。

broadwimax
gmobb